【カメラ】秋葉原ソニーサービスステーションに行ってきた。

カメラのクリーニングをしてもらいに行った話です。※2017年8月9日追記あり。

とある冬の晴天の日

愛機のカメラSony α55を持って熱海サンビーチへ撮影に行ってきました。普段、絞りを開放でばかり撮っているのが、こんなに晴天では絞って撮影。

すると・・・ん!

熱海サンビーチで絞って撮影熱海サンビーチで絞りを絞って撮影していました。

あ、ゴミが写っている・・・

センサーにゴミが付着

イメージセンサーにゴミが付着

1個や2個ではありません、かなりの重症。

いつの間にこんなにイメージセンサーに付着していたんだ。掃除をサボっていた罰か・・・

秋葉原Sonyサービスステーションへ

カメラ本体のメニュー【自動クリーニング】を試してみるも改善されず、自分で直接センサーのクリーニングするのも不安。ネットでセンサークリーニングについて調べてみると、秋葉原にあるSONYサービスステーションに持ち込みでやってくれることが判明。

sonyservicestation-04

SonyServiceStation

サービスステーション 秋葉原
営業時間:月~土 10:00~18:30
定休日:日 ・ 祝
〒110-0005 東京都台東区上野 3-1-2秋葉原新高第一生命ビル 1F
電話:03-5818-0521
ソニーのエレクトロニクス製品の修理のご相談、お申し込みについてご案内しています。

電話で問い合わせてみると、イメージセンサーのクリーニングには30分コースと1時間コースがある。

30分コース:代金1,000円 目視のみのクリーニング。
1時間コース:代金3,000円 顕微鏡(?)でチェックしてのクリーニング。

できたら事前予約した方が待ちがないですよ、とアドバイスを受ける。平日、午前中に時間が空いたので、前日に電話予約して行くことにした。

sonyservicestation-02

受付時間は、10時から18時30分まで

朝10時に持っていき、さっそく受付をした。

sonyservicestation-03

受付カウンター 5つほど窓口がある

本体α55を見せて付属品のチェックし、住所などの情報を記入して、センサーのクリーニングにしてもらうことに。「1時間後に来てください」とのことなので、近所の喫茶店でコーヒーを飲もうとサービスステーションを後にしました。秋葉原の町を歩いていると、電話が着信。サービスセンターの技術の方からでした。で、要件は

「お預りしたカメラの電源が入らなくなりました」

え?!

クリーニングをする技術の方が預けたカメラの事前撮影のチェックのため電源を入れシャッターを切った後、画面が真っ暗になり電源が入らなくなったと。

昨日まで何も問題なく使えていたのに、サービスセンターに持ってきたら壊れてしまいました。ショック!(内心、これサービスセンターの人が壊したんじゃね〜と思いましたが。。。)

預けていたカメラ本体は、そのまま預けてソニーの修理センターに転送してもらうことになった。どうやらシャッターを動かすモーターが破損したようで、そこの交換が必要とのこと。もうだいぶ使ったカメラだけに、買い換えの時期かな〜とサービスセンターに展示してあったα7Ⅱを見ながら思っていたのですが。。。

修理の代金が大分かかるようだったら修理しないで返してもらおうかと思い、修理センターで見積りが出たら電話をもらえるようにお願いすした。

次の日

さっそく修理センターから電話がかかってきて、およそ17,000円かかると。新しいカメラを買うにしても、これからも出番はありそうなのでお願いした。古いとはいえ、しっかり撮れますからね。

修理完了のお知らせは、スマホのショートメールにてお知らせしてくれるとのこと。ショートメールに送ってくれるのは、いいですね。

さらに3営業日後

休みの日を挟んで、2営業日後にさっそくショートメールで修理完了のお知らせが。修理費用もあわせてお知らせしてくれました。

次の日(最初の日から6日後)

再び、秋葉原ソニーサービスステーションにやってきました。

sonyservicestation-01

最寄りの駅は、末広町が一番近い

しっかり修理の明細と一緒に梱包されたα55。

Sony α55-01

修理の明細と一緒に梱包

修理費用は

(モーター交換部品代 1,400円+技術料 15,000円)×消費税0.8%=17,712円

Sony α55-02

袋を開けさらに

しっかりとパッキングされて、開くと

SONY α55-03

真空パックでパッキング

本体は、真空パックで帰ってきました。この真空パックは、ハサミもいらずに簡単に開くことができます。

SONY α55-04

輸送用保護カバーが貼られている

輸送用保護カバーは、シールになっていてこちらも簡単に剥がすことができます。本体もどことなくピカピカになって帰ってきたような気もします。

SONY α55 MINOLTA50mm

SONY α55 MINOLTA50mm

戻ってきたのでレンズを装着して、試しで撮ってみようかと電源を入れ・・・

システムがバージョンアップ

システムがバージョンアップ

なんとシステムがバージョンアップされていました。今まで、こんな表示ではありませんでした。他にも変わったところがあるかも、使用してみて変わったところがあったら追記いたします。

テストで青空を撮ってみた 18mm F11

テストで青空を撮ってみた SIGMA DC18-200 18mm F11

テストで、青空を撮影してみました。全く問題ありません。

イメージセンサーに誇りが付着した場合の対処法

修理したカメラに同封されていた「お客さまへ イメージセンサーにゴミやホコリが付着した場合の対処法」今後の参考のためにアップしておきます。

イメージセンサーに誇りが付着した場合

イメージセンサーに誇りが付着した場合

イメージセンサーに誇りが付着した場合

イメージセンサーに誇りが付着した場合

サービスセンターの人曰く、発売から9年経つSony α55の修理もあと一年しかできないと。今までのレンズを使いまわしを考えAマウントにするならば、α77Ⅱかα99Ⅱの選択肢しかないですね。中古で、α77あたりって手もあるかな。

まとめ

大きなゴミが付着する前に、こまめにクリーニングが大事です!モーターが壊れたのは、長年使い続けた寿命なんでしょうね。そして買い換えるならば、常に持ち歩きして使いたいのでα7Ⅱにしようかとも考えています。α7Ⅲがまもなく出るとか出ないとか言う噂もあるので、そちらも気になります。α7Ⅲが出るならば、4K撮影対応にはなるでしょう。そうなると俄然購入対象になってきます。口コミサイトなんかでは、積層センサーが搭載して欲しいとか、ISO感度をα7sに近づけて欲しいなど色々でてましたが、どこまで実現するものなのか?いづれにしろ

α7Ⅲに期待しております。

せっかく買い換えるなら、最低でもこの辺が欲しくなってしまう。

追記:2017年8月9日

α7 m2のセンサーの汚れが気になりはじめたので、撮影前にとクリーニングしてもらいに行きました。事前に予約しておき持っていき、一時間後に受取りです。対応した係の方からクリーニングの結果の画像を見せてもらい

「この紙もらえますか?」

と聞くと

「ダメなんです・・・」

一体、なにがどうダメなのかわからないが、写真は撮ってOKということで撮らせてもらったのがこちらです。

SONYサービスステーション秋葉原

清掃前→清掃後

すっかりキレイになりました。それにしても、元々すごい汚れている・・・

レンズ交換時に、しっかりブロワーしなくては。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ntsuka3 より:

    私も近々イメージセンサーのクリーニングをお願いしようと思っていましたので、とても参考になりました。

  2. NagataMasayuki より:

    メッセージありがとうございます!引き続き、ブログを参考にしてください。