【まとめ】熱海国際映画祭の記事 更新中

2019年6月26日更新

ざわざわしている熱海国際映画祭のニュースをまとめておきます。

私自身も、第一回の開催のお手伝いをさせていただきました。こんな展開になっており、とても残念な思いをし、心がたいへん穏やかではありません。顛末をまとめていくことにより、多くの方に考えて貰えればと思っております。ちなみに自分は、熱海国際映画祭とは全く別の団体・イベント「熱海怪獣映画祭」ってのをやってますので、こちらの応援よろしくお願いします。

熱海国際映画祭 The Mt.FUJI-ATAMAI FILM & VR FESTIVAL

※英語名に「富士山」が付いているように、海外・インバウンド向けのイベントとして設立したことが伺えます。

第一回の開催は、2018年6月27日〜7月1日

時系列

2017年12月4日 熱海国際映画祭実施発表

→文化庁文化芸術創造拠点形成事業

2018年6月27日〜7月1日 第一回熱海国際映画祭開催

2018年9月26日 決算発表 68万円の赤字を報告

2019年3月11日 第二回熱海国際映画祭実施発表

(2019年3月15日〜17日 愛媛国際映画祭プレイベント)

2019年3月19日 第一回グランプリ作品 熱海市内にて凱旋上映

2019年5月10日 熱海新聞によるスクープ記事

2019年5月20日 第一回の開催の赤字を1465万円と訂正発表

2019年5月27日 熱海市長が、髪林氏の実行委員会業務執行組合員代表を解任

→熱海市とイベント会社の対立に

2019年6月4日 熱海市「コンペ作品確保できず」開催を断念

→イベント会社が独自に実施する流れに

文化庁文化芸術創造拠点形成事業

事業の目的:2020東京大会とその後を見据え、地方公共団体が主体となって取り組む文化芸術事業を支援することにより、地方公共団体の文化事業の企画・実施能力を全国規模で向上させるとともに、多様で特色ある文化芸術の振興を図り、ひいては地域の活性化に寄与することを目的とします。

文化庁文化芸術創造拠点形成事業-静岡県

文化庁 文化芸術創造拠点形成事業〜静岡県

熱海市は1500万円の助成金を「熱海国際映画祭」で申請しています。

静岡県では、浜松市が2つ、掛川市が1つ事業として採択されています。

第一回熱海国際映画祭とは・・・

【熱海】なんと熱海国際映画祭が2018年6月に開催だ!
熱海で国際映画祭が行われます。2017年11月28日付けの熱海新聞のトップ記事になっていました。熱海市には、現在劇場が一つもなく映画がスクリ...

第一回熱海国際映画祭実行委員会:熱海市/イオンエンターテインメント株式会社、全日空商事株式会社、株式会社スカパー・ブロードキャスティング、株式会社フォーカス

国際審査インターナショナル部門では、89カ国から1508本の作品応募があり、審査員には映画プロデューサーの岡田裕氏、映画監督でEUCヨーロッパ国際映画祭代表のスコット・ヒラー氏、映画監督の行定勲氏、韓国の映画監督ホ・ジノ氏、女優で映画プロデューサー/監督も務める杉野希妃さん。

英台合作映画「The Receptionist」(Jenny Lu監督)がインターナショナル部門グランプリ受賞(賞金100万円)

開催発表された2017年12月のニュース

街ごとシネコン、映像文化発信 熱海国際映画祭
2017年12月5日 朝日新聞

 熱海市に国内外の新作映画を集め、映像文化を世界へ発信する企画が動き出した。街全体を「シネコン」にする熱海国際映画祭が来年6月28日~7月1日、開催される。実行委員会には市やシネコン運営会社などが参加…

スポンサーリンク
レクタングル(大)

準備急ピッチ、遅れ挽回「時間との闘い」

第一回熱海国際映画祭の準備はバタバタでした!

静岡新聞 2018年6月8日

熱海市で28日に開幕する熱海国際映画祭に向け、上映作品やイベント出演者決定の関係で遅れていた市民への周知やチケットの販売が、ようやく本格化し始めた。開幕まで3週間に迫った「時間との闘い」の中、市や民間企業でつくる実行委員会の関係者は準備に追われている。

熱海国際映画祭が開幕 俳優ら観客と交流も

レッドカーペットは、浴衣のドレスコードで熱海らしさを演出。

静岡新聞 2018年6月29日

初開催となる熱海国際映画祭(同実行委員会主催)が28日、熱海市で開幕した。7月1日まで4日間にわたって新進気鋭の作品の上映や映画にちなんだ多彩なイベントを展開し、“映画のまち熱海”を市内外へ発信する。

「ザ・レセプショニスト」最高賞 映画祭閉幕

秀作が数多く集まりました。

静岡新聞 2018年7月2日

熱海国際映画祭(同実行委主催)は最終日の1日、熱海市のホテルで国際公募審査の各賞を発表する授賞式を行って閉幕した。最高賞のグランプリには「ザ・レセプショニスト」(英国・台湾)が輝いた。袴田巌さん(82)を描いたドキュメンタリー映画「48years-沈黙の独裁者」は特別賞を受賞した。

InterBEE2019 【NEWS】第一回 熱海国際映画祭

一回目の決算と二回目実施へ意欲を発表!

赤字は、わずか61万円ですんだはずだった・・・

静岡新聞 2018年9月27日

熱海市や民間企業でつくる熱海国際映画祭実行委員会は26日、市役所で会見を開き、6月28日から7月1日まで市内で初開催した映画祭を2019年以降も継続する方針を明…
熱海国際映画祭継続へ 初回赤字、運営反省点も
熱海市や民間企業でつくる熱海国際映画祭実行委員会は26日、市役所で会見を開き、6月28日から7月1日まで市内で初開催した映画祭を2019年以降も継続する方針を明らかにした。決算など第1回分の事業報告書も公表し、収支は約61万円の赤字だった。

第二回目の開催が、3月11日に発表された!

伊豆新聞 熱海版 2019年03月12日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
第2回熱海映画祭6月28日~7月1日に開催
熱海市は11日、第2回熱海国際映画祭(実行委員会主催)を6月28日~7月1日の日程で開催することを公表した。市議会観光建設公営企業委員会で概要を明らかにした。
市と実行委によると、熱海後楽園ホテル、熱海ニューフジヤホテル、ホテル・サンミ倶楽部、熱海商工会議所などを会場に未公開作品のインターナショナル・コンペティション部門、招待映画、企画映画などを上映する。

主催:熱海国際映画祭実行委員会
熱海市/伊東園ホテルズ/ホテルサンミ倶楽部/アルゴ・ピクチャーズ/フォーカス
製作著作:熱海国際映画祭実行委員会
制作協力:レジェンド・ピクチャーズ

愛媛国際映画祭

愛媛国際映画祭が3月15日〜17日で開催されている。

愛媛から世界に!

第一回のグランプリ作品の凱旋上映会

熱海のサンミ倶楽部で、3月18日(月)に開催された。

伊豆新聞 熱海版 2019年03月20日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
第1回GP作、先行上映 熱海国際映画祭
昨年の第1回熱海国際映画祭でグランプリを受賞した「ザ・レセプショニスト」の試写会が18日夜、熱海市和田浜南町のホテルサンミ倶楽部で開かれた。市民ら約50人が参加し、他国の映画祭でも高評価を得た社会派ドラマを観賞。ともに台湾出身で、今作で一躍注目を集めるジェニー・ルー監督、主演のテレサ・デイリーさんの舞台あいさつもあり、6月の第2回映画祭に箔(はく)を付けた。

グランプリ作品の監督と主演女優が熱海に来て、舞台あいさつを行った。

熱海新聞のスクープ記事が出る!

開催の一月半前に、地元新聞の熱海新聞によるスクープ記事が出る。

伊豆新聞 熱海版 2019年05月10日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
第1回映画祭、負債、実は900万円超 本紙取材で判明―熱海
熱海市で昨年開かれた第1回熱海国際映画祭(実行委員会主催)で、61万円の損失が生じたとする収支決算書に誤りがあり、実際の負債が少なくとも900万円を超えることが9日、熱海新聞の取材で明らかになった。実行委の中核的企業であるフォーカス、市の担当者は「決算後に認識した負債」と事実を認めたが、本年度の第2回映画祭後の決算で詳細を報告すると説明。現時点で修正報告などを行う予定はないとしている。

熱海新聞のスクープ記事第二弾!

伊豆新聞 熱海版 2019年05月18日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
GP賞金未払い 決算には支出記載―第1回熱海国際映画祭
熱海市で昨年6~7月に開催された第1回熱海国際映画祭(実行委員会主催)の債務を巡る問題で、グランプリを受賞した映画製作者に賞金(100万円)が支払われていないことが17日、熱海新聞の取材で分かった。実行委が公表した収支決算書には入賞賞金の支出記載があり、公的資金も投入されたイベントの決算に疑義が生じるなど、ずさんな財務実態が浮き彫りとなった。

伊豆新聞 熱海版 2019年05月21日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
第1回熱海国際映画祭損失は1465万円 斉藤市長らが会見
熱海市で昨年6~7月に開かれた第1回熱海国際映画祭の債務を巡る問題で同祭実行委員会は20日、市役所で会見を開き、昨年9月に61万円と公表した損失額が実際には1465万円だったと発表した。決算後に認識・確定した債務であるとして「決算に不正はない」と強調。グランプリ受賞者への賞金100万円の未払いについては事実と認めつつ「他の支払いに追われて後回しにしてしまった」などと釈明した。

NHKのニュースでも取り上げられる

NHKニュース 2019年05月27日 20時11分
熱海国際映画祭 市中心で開催へ

去年初めて開催された「熱海国際映画祭」が1400万円余りの赤字となった問題で、熱海市の斉藤栄市長は記者会見で、実行委員会の代表を務める東京の事業者との費用負担をめぐる対立などを理由に、来月に迫った2回目の映画祭はこの事業者を関わらせず、市が中心となり開催する方針を示しました。

騒がしい中で、ボランティア説明会

伊豆新聞 熱海版 2019年05月27日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
ボランティア説明会に10人 第2回熱海国際映画祭
熱海国際映画祭実行委員会は26日、熱海市の市いきいきプラザでボランティア希望者向けの説明会を開いた。市内外から10人が参加し、2回目の日程や開催するイベントを確認した。

市 VS 運営会社の対立激化!

伊豆新聞 熱海版 2019年05月28日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
熱海国際映画祭、市、運営会社主張対立 市長「髪林氏を解任」
熱海市で昨年6~7月に開催された第1回熱海国際映画祭の負債を巡る問題で、斉藤栄市長は27日、映画祭企画・運営会社「フォーカス」社長の髪林孝司氏(58)について、実行委員会業務執行組合員代表の職を24日付で解任し、今年の映画祭を市中心の実行委で開催すると発表した。髪林氏も直後に市内で会見し、斉藤市長の行為を「密室における独断専行」と批判。実行委で決議されていない解任は認められないとし、代表として映画祭を継続開催する考えを示した。両者の主張は大きく食い違い、最悪の場合、二つの熱海国際映画祭が同時開催となる異常事態に発展した。

熱海新聞がさらに調べる!

ずさんな計画が、さらに明らかに

伊豆新聞 熱海版 2019年05月29日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
「配給収入450万円」根拠なし 第1回熱海国際映画祭
熱海市で昨年6~7月に開催された第1回熱海国際映画祭の負債を巡る問題で、実行委員会が昨年9月に公表した「決算サマリー(概要)」に虚偽記載の疑いがあることが28日、熱海新聞の取材で分かった。根拠のない「映画配給収入450万円」を記載して収入を水増しし、赤字額を過小に見せかけた可能性がある。さらに現在準備が進む愛媛国際映画祭の運営委員会代表だった熱海の実行委代表が、愛媛の資金を熱海の債務返済に充てていた疑いが新たに浮上。愛媛の映画祭を巻き込んだ公的資金の流用問題にも発展しそうな状況となった。

泥仕合の様相に

伊豆新聞 熱海版 2019年05月30日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
実行委代表解任めぐり、両者、会見で正当性訴え―熱海国際映画祭
熱海市で昨年開催された第1回熱海国際映画祭の負債を巡って対立する斉藤栄市長と、映画祭企画・運営会社「フォーカス」社長の髪林孝司氏が29日、別々に会見を開き、実行委員会代表解任の是非と第2回映画祭開催についてそれぞれの正当性を訴えた。両者の主張は依然大きく食い違い、来月29日の開幕まで1カ月を切った同映画祭は実現性に疑問符が付く状況となっている。

熱海新聞のコラム

伊豆新聞 熱海版 2019年05月31日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
1面コラム 潮の響=熱海国際映画祭
泥仕合とはこのことだろう。熱海市で昨年開催された熱海国際映画祭の多額の債務に端を発した斉藤栄市長と、映画祭企画・運営会社「フォーカス」の髪林孝司氏の対立はメディアを介して拡散し、世間の耳目を集める内紛劇に発展した。

コラムでは、こう締めくくっている。

キャッチフレーズに掲げた「才能に光を」の看板が泣いている。

コンペ作品の上映ができないため、熱海市撤退

中日新聞 2019年6月5日

 第二回熱海国際映画祭(二十八日〜七月一日)の実行委員会が内部対立している問題で、熱海市の斉藤栄市長は四日、市中心の映画祭開催を断念すると表明した。
熱海市「作品確保できず」 映画祭開催を断念
第二回熱海国際映画祭(二十八日~七月一日)の実行委員会が内部対立している問題で、熱海市の斉藤栄市長は四日、市中心の映画祭開催を断念すると表明した。上映作品を確保できなかったのが理由。過去の債務を巡って対立し、市長が実行委代表を解任したとする企画会社「フォーカス」(東京)の髪林孝司代表取締役(58)が開催を目指す映画祭には、協力しない考えを示した。

第2回熱海国際映画祭について

2019年6月5日 熱海市が、市のホームページに斉藤市長の名前でお詫び文を掲載しました。

熱海市HPより

熱海市公式ウェブサイト
令和元年5月に発生した熱海国際映画祭に関する各種報道につきましては、市民の皆様、関係の皆様にご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

熱海市長が熱海市議会での報告を行った。

熱海国際映画祭、斉藤市長「市は関与しない」 市議会開会
熱海新聞 2019年6月6日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
議案説明で斉藤栄市長は熱海国際映画祭について「コンペティション作品の確保ができない状況などを踏まえ、苦渋の判断だが、市が中心となった映画祭の開催を断念した」と報告。

実施は、今月末にせまっているどうなるのか?

一般市民が、映画祭について考えた

いろいろな報道をうけて、熱海市民の有志が集まって熱海国際映画祭について考える集まりが行われました。熱海市内中心部にある熱海魚市場の二階の会議室で実施されおよそ25人の人が集まりました。元々熱海に住む人、移り住んだ人、映画祭に興味ある市外の人、賛成反対それぞれの人といろいろな人が集まり、多くの意見が出てきました。

熱海国際映画祭「熱海のイメージダウン」 市民で考える会
熱海新聞 2019年6月8日

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
熱海市で昨年開催された第1回熱海国際映画祭の内紛劇を受けた市民有志による「市民で熱海国際映画祭を考える会」が6日夜、清水町の熱海魚市場で開かれた。昨年の映画祭に協力した周辺関係者やボランティア、一般市民約25人が舞台裏のずさんな運営実態を暴露し、「恥ずかしい」「熱海のイメージを悪くする」などと結果を痛烈に批判。一方で映画祭の可能性、将来の市民主導での再挑戦についても話し合った。

熱海新聞特集記事

なんと熱海市以外での上映を検討!

運営会社が資金不足から、会場費や上映費用を抑えるために都内や湯河原でのコンペ作品の上映を検討しているという、驚きのニュースが入ってきた。

映画祭混乱、市民困惑 熱海イメージが…

 開催を巡り混乱が続く「第二回熱海国際映画祭」は、主催事業者の資金面のめどが立たず、予定している二十八日の熱海市街地での開催が困難となった。
2019年6月15日 中日新聞
開催を巡り混乱が続く「第二回熱海国際映画祭」は、主催事業者の資金面のめどが立たず、予定している二十八日の熱海市街地での開催が困難となった。事業者は別の場所での開催を検討しているが、市と民間事業者が組み「熱海を日本版ハリウッドに」という当初の旗印は崩壊し、イメージダウンになっている。市民からは困惑の声が聞かれる。

熱海国際映画祭、上映を市外に変更も 開幕まで2週間、なお混迷

実行委の熱海市と映画祭運営会社の対立が表面化した「第2回熱海国際映画祭」は開幕予定の28日まであと2週間となる中、市が市中心での実施を断念した後も独自に開催を目…
2019年6月15日 静岡新聞
独自に開催を目指している運営会社側は14日、国際公募審査の作品上映会場について市外への変更を検討していると明らかにした。開幕が迫るが、情勢はなお流動的な状況が続いている。

「熱海国際映画祭」なのに、熱海で上映をしないということはいったいなんなんでしょうか?

と、思いきや!やっぱり熱海で開催へ

開催まで残り10日になってきた土壇場で、熱海市内での開催に変更になってきました。

熱海国際映画祭、規模縮小し市内開催―運営会社

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
2019年06月19日 熱海新聞
債務を巡る問題から実行委員会が分裂した第2回熱海国際映画祭(28日~7月1日)について、映画祭企画・運営会社「フォーカス」(東京)は18日、熱海市内で全日程を開催すると発表した。当初の予定から規模を縮小し、市内のホテル1施設で開催するとしているが、使用施設についてホテル側と調整がついていないことが露呈し、依然として不透明な部分を残した状況が続いている。

会見を行ったものの、ホテルや市の施設での開催に関しては調整が済んでいないようす。本当に、映画祭は行われるのか?!

まさかの会場がゲストハウス開催!

開催場所のニュースが入ってきました。

熱海国際映画祭33本上映 28日から長・短編や招待作

28日に開幕が迫る第2回熱海国際映画祭について、熱海市が運営に関与しないと表明した後も独自開催を目指している映画祭運営会社・フォーカスは24日、映画祭の詳細な日…
2019年06月25日 熱海新聞
28日に開幕が迫る第2回熱海国際映画祭について、熱海市が運営に関与しないと表明した後も独自開催を目指している映画祭運営会社・フォーカスは24日、映画祭の詳細な日程を発表した。国際公募審査を通過した長・短編作品、招待作品など計33本を上映する。

1日券1500円、1回券800円の料金で実施するアナウンスがありました。特に驚きなのは、短編作品を行う会場が、ゲストハウスです。ゲストハウスというのは簡易的な宿泊施設、特に上映のための環境ではありません。そんなところで、国際映画祭を実施するということで、正直驚きを隠せません。とても残念です。

オープニング・クロージング会場:起雲閣

名邸で、大正時代の文化財に触れる

住所:熱海市昭和町4−2

第一会場 サンミ倶楽部

熱海温泉にご宿泊ならホテル・サンミ倶楽部。熱海港が目の前、サンビーチにも水着のまま歩いていけます。花火大会は目の前で繰り広げられる大迫力。広々お部屋が自慢です。自家天然温泉、露天風呂あり。

住所:熱海市和田南町5-8

第二会場 エンノバ

住所:熱海市春日町15-40

映画祭の運営協力者が提訴!

委員会の組合員であった方が、運営会社と熱海を提訴しました!

熱海国際映画祭協力企業、運営会社と市を提訴 実行委に貸し付け

伊豆新聞デジタルは、伊豆の政治、経済、スポーツ、イベント、グルメ、速報などの情報を配信する伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞のニュースサイトです。
2019年06月26日 熱海新聞
昨年の第1回熱海国際映画祭の運営協力者が、同映画祭実行委員会の組合員である映画祭運営会社「フォーカス」と熱海市を相手取り、貸し付けた債務返済費用の返還を求めて東京地裁に提訴していたことが25日、熱海新聞の取材で分かった。債務問題で揺れる同映画祭は、実行委の内紛を経て訴訟に発展した。提訴は1日付。

多額の負債をおった運営会社を助けるために貸し付けたお金150万円。その返還を求めて、運営会社と熱海市を提訴しています。貸付していたのに、返還を求めての提訴ですから、よほど運営会社と市に対して、不信感などがあったうえでの行動とみられます。ただでさえ、国と熱海市からの補助金がなく、資金難の運営会社。どうなっていくのか?

注意:熱海には「熱海怪獣映画祭」は熱海市民有志で立ち上がった映画祭もあります。こちらは「熱海国際映画祭」とは別のイベント、別の団体です。こちらの応援も何卒よろしくお願いいたします!

熱海を怪獣の聖地に

熱海怪獣映画祭Facebook→ https://www.facebook.com/atamikaijyu/

熱海怪獣映画祭Twitter→ https://twitter.com/atamikaiju1027

スポンサーリンク
レクタングル(大)