【熱海】やっぱり熱海に行きたいね!

JTBの観光ブランドプロモーション「意外と熱海」から「やっぱり熱海」に変わりました。

プレスリリースが出ていたので、まず転載しておきます。

2017年10月12日(木) 配信 JTB中部(松本博社長、名古屋市中村区)は、2013年から熱海市より委託さ…
株式会社JTB中部(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長:松本 博 以下、JTB中部)は、熱海市より平成25年度から受託している熱海市観光ブランド・プロモーション事業の一環で、新たなキャンペーンを展開することを熱海市長(齊藤 栄)とともに熱海市役所にて、本日発表いたしました。
昨年度の熱海市の宿泊者数は、301万人と2年連続300万人を超え、平成25年度当初立てた入湯人員275万人泊の目標を大きく超えています。同年よりスタートした「熱海市観光ブランド・プロモーション事業」をJTB中部が3年間一括受託し、熱海市と連携して事業を推進してきた「意外と熱海」キャンペーンの成果であると言えます。本日、「意外と熱海」キャンペーンの検証と、更なる熱海市への誘客を目的とした新キャンペーン、「やっぱり熱海」の事業内容を下記の通り発表いたしました。
■事業概要
1.四季のテーマに沿った新コンテンツ開発:橙(だいだい)の新メニューを平成30年2月にリリース熱海の名産である「橙」を、市・JAあいら・料理研究家・市内飲食店がタッグを組みメニュー開発する。海産物だけでなく、季節を感じることができる熱海ブランドの一つとして確立させる。
2.熱海ゆかりのテーマ観光:強運めぐり 頼朝の三社詣(伊豆山神社、箱根神社、三嶋大社)バスツアー
3.官民協働:ご視察さんいらっしゃいの仕掛けづくり
行政視察や、民間企業視察など、V字回復の話題と共に積極的に受け入れる。視察メニューは「意外と熱海」で開発した「まちあるきスイーツクーポン」など。
4.リピーター調査:実際に熱海に来たことのあるリピーターのデプスインタビュー実施し改めて強みと弱みを精査する。
5.先進地視察:ハワイ州観光局訪問をきっかけに次世代ブランドや移民マーケット取込を狙う
6.外国人受け入れ態勢整備とマーケティング:静岡県立大学共同研究開発 外国人対応アプリ来春リリース

JTB中部さんが幾つか新たな施策を打ち出すのですが、自分が常々口にしていた5番の移民マーケットと6番の外国人対応アプリが入っています。これに関しては、後日記事にしたいと思います。

ところで「やっぱり」とは、辞書的にどういう意味なのか?

やっぱり【矢っ張り】(副)

「やはり」を強めた語。多く話し言葉に用いる。(三省堂 大辞林より)

やはり【矢張り】(副)

1.以前と同じ状況であるさま。事態が変わらずに続いているさま。
2.前もってした予想や判断と同様であるさま。また、他の例から類推される状況と現実が同じであるさま。
3.さまざまないきさつがあって、結局、初めに予測した結論に落ち着くさま。一般的な常識・うわさなどに違わないさま。
4.動かないでじっとしているさま。
(三省堂 大辞林より)

やっぱり熱海

の意味としては、3番の経緯があって最初に決めていた結論に落ち着く使い方でしょう。

旅行先を家族や友人たちと検討していて、一番最初に「熱海に行こう!」と言ったものの、箱根や軽井沢、那須高原なんかが候補地にあがるものの、

「やっぱい熱海にしようか」と結論にいたるさまでしょう。

無難な旅先として選ばれて来てもらった時に、

「やっぱり熱海だったね。。。」

と1番のネガティブな意味の

「以前と同じ状況であるさま。事態が変わらずに続いているさま。」

以前味わった残念な観光を提供して、落胆の感想にならないように、地元民として努力しなければならないですね。

意外と熱海

「意外と熱海」は熱海市が中心に行う3ヵ年計画の観光プロモーション事業です。熱海を訪れた方にアンケートを行ったところ「意外とよかった」という意見が数多くありました。それは熱海の魅力がたくさんあるのにもかかわらず、うまくみなさんに知られていないということを意味していました。そういった熱海市に点在する様々な魅力を個別に発信す...

関連記事

【熱海】平成30年度 海上花火大会スケジュール!
さっそく平成30年度(2018年4月〜12月)熱海海上花火大会のスケジュールが発表となりました。年間16回の開催となります。 熱海海上花火...
【熱海】2017年の海水浴場 海開き情報です。
2017年の熱海の海開きは7月8日(土)です! 海水浴期間は、7月8日(土)〜8月27日(日) 熱海駅からすぐの熱海サンビーチは、海の家...
スポンサーリンク
レクタングル(大)