【熱海】ドローンによる撮影について

どこの現場に行っても「ドローンで撮影したい、ドローンで撮りたい」と呪文のように言われます。とは言え、簡単にドローンで撮影することはできません。なぜなら、お上(国・国土交通省)のお達しでルールがしっかり決められているからです。どんなルールなんでしょう?

※このブログの後半に、熱海での撮影に関しての記事も書いております。

drone-05

【国土交通省】空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

↑こちらに、ドローン・ラジコン機に関する飛行ルールが書かれています。が、いろいろと長いのでポイントをピックアップしていきます。

1.そもそもドローンとは?

「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」 出典:国土交通省

要は、無人で飛行させる機体のことです。ポイントとなるのは、200g以上のものを指します。DJIで最小で高性能の機体(DJI Spark)を発売しておりますが、これでさえ600g以上の重量になります。200g未満となると、本当に子どものおもちゃぐらいになります。

2.可能な空域は?

日本の空は、4つの空域に分けてあります。

出典:国土交通省

ドローンの規制 出典:国土交通省

(A)空港などの周辺の上空空域
(B)150m以上の高さの空域
(C)人口集中地区の上空
(D)A,B,C以外の空域
※人口密集地域を調べる地図はこちら

一見すべて飛行可能と書いてありますがA,B,Cについては、地方航空局長の許可を受ける必要があります。事前に書類を提出して許可を受ける必要があり、飛行可能と書かれているもののそう簡単に飛行させることができません。飛行させるためには、下記の要件(安全確保)もクリアする必要があります。

1.日中(日出から日没まで)に飛行させること
2.目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
3.人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
4.祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
5.爆発物など危険物を輸送しないこと
6.無人航空機から物を投下しないこと

この要件はDの空域についても同じで、必ず守る必要があります。

要件をクリアできないからと言って絶対にダメというわけでなく承認がおりれば可能です。ただし、しっかりと時間と準備をかけて行う必要があります。

<承認が必要となる飛行の方法>
出典:国土交通省

ドローンの規制 出典:国土交通省

ざっとドローンの飛行の許可についてピックアップしましたが、国土交通省のガイドラインがありますので、詳しく知りたいかたはこちらを熟読ください。また、無人航空機ヘルプデスクが国土交通省内に設けられていますので併せて利用してください。

pdf→ 無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン

国土交通省 無人航空機ヘルプデスク
電話 : 0570-783-072
受付時間 : 平日 午前9時30分から午後6時まで(土・日・祝除く)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

熱海市でのドローン飛行

熱海市は空域はどこになるのか?前出の人口密集地域を調べる地図で見てみると、熱海市街地、多賀・網代の民家の多い海岸地域は印がついています。

人口密集地地図 出典:国土地理院

人口密集地地図 出典:国土地理院

人口密集地地図 出典:国土地理院

人口密集地地図 出典:国土地理院

赤く塗られたところが(C)人口密集地域にあたるので、ドローンを飛ばすためには許可が必要になってきます。

人口密集地域以外のところでは許可が必要ありませんが、要件.3

3.人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

をクリアする必要がります。山の方にも別荘地が点在する熱海で30m以上の距離を保って飛ばすのはなかなか条件が厳しい部分があります。

熱海市の公園・緑地・海岸は?

市の条例により熱海市では熱海市管理の公園・緑地・海岸等において無人飛行航空機(ドローン)の使用および飛行を原則禁止としています。→サイト

このような条件から熱海でのドローンでの撮影をするには、海上で行うのが良さそうです。熱海湾上空から撮影すれば、熱海市街地と富士山を望む映像がとれるでしょう。

また、広大な私有地があればそこもドローンを飛ばす場所になります。しかし、そう簡単にそんな場所はないだろうと思って調べてみると、ドローン飛行場というのがネットでヒットしました。

ドローン リゾート 伊豆の古道

貸切ドローン飛行場が熱海にありました。その名も「〜ドローン リゾート 伊豆の古道〜」

東京から80分、熱海にある貸切ドローンフライエリア。
初島とドローン 富士山とドローン
ここでは、ドローン、飛ばしまくり。
1万坪の森の中、海や富士山をバックにして、この休日は、ドローンを思いっきり、空高く飛ばそう!

サイト→ http://www.izunokodo.org

利用料:ドローン飛行場 3時間 貸切 10,000円(税込)
住所:熱海市下多賀1714-3
連絡先: 080-2262-1144
メール:info@izunokodo.org

 こちらの飛行場は、無人管理されているようです。ネットで予約して、特に受付なしで行って楽しみ時間になったら帰ってくるというもの。面白い施設を考えるものだと関心します。都心部をはじめ、田舎でも簡単にドローンを飛ばせない状況になってきているので、ドローン飛行場は需要は増大しているのも現状でしょう。

西伊豆のドローン撮影会社

富士空撮サービス

 富士空撮サービスは、静岡県西伊豆町を拠点にドローンでの空撮・映像制作を承ります。 最新のドローンにて美しい空撮映像の撮影をいたします。 ドローン空撮・ドローン講習会・ドローンレース・ドローンイベント・ドローン撮影ツアー

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町中169
電話:090-5633-0043
静岡県東部のドローン撮影をお願いできる会社さんです。

まとめ

「ドローンで撮影したい、ドローンで撮りたい」との呪文に対する答えとして記事にしてみました。ドローンでの撮影をする場合には、綿密な飛行プラン、準備、認可申請、ドローンカメラマン手配、ドローン機材の準備など思ったより時間と労力がかかってきます。

ドローンを使っての撮影を考えているならば、2ヶ月前にはご連絡をお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)