【熱海】ゲームセンターCXも取材!和田たばこ店のアクセス

熱海の隠れた人気スポット和田たばこ店。熱海駅からちょとだけ離れ、場所もわかりずらいところにあります。行き方の手助けになればと、アクセスをアップします。

あたみの駄菓子屋 和田たばこ店

和田たばこ店_店外観

あたみの駄菓子屋 和田たばこ店

あたみの駄菓子屋 和田たばこ店
住所:静岡県熱海市昭和町4−27
電話:0557-83-6000
営業時間:10:00〜18:30 無休

単なるたばこ屋ではありません。店内には、懐かしの駄菓子が山のように置いてあります。大人なら、懐かしくて大人買いせざるえません。さらに別館があって、そこにはレトロゲームがあります。元々、旅館やホテルにゲーム機の卸をしていた、こちらのお店。旅館やホテルが、廃業や閉店する際に、破棄されるゲームを引き取りはじめて、レトロゲームが集まってきたそうです。ご主人が、ゲーム機の修理の達人でもあるので、平成29年でも現役でゲームたちが元気に動いているのです。

レトロゲームが集まっているのが珍しく、熱海のバラエティ番組取材の定番になっています。昔のゲームがテーマで人気の「ゲームセンターCX」も当然撮影に来ています。

熱海駅から歩くと20分近くかかりますので、バスで行くことをオススメします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

バスで行くのがオススメ

熱海駅のバス乗り場の6番から、網代行きに乗って行くか。もしくは、観光周遊バス「湯〜遊〜バス」に乗ってください。いずれのバスでも、「染殿橋(そめどのばし)」のバス停で降りること。

6番乗り場から乗る通常運行のバスでは、運賃230円。湯〜遊〜バスだと、1日乗り放題で700円。熱海観光で回るならば、断然湯〜遊〜バスがオススメです。海岸をまわって、熱海城にもいけ、観光案内のバスガイドが付いています。※たまに、ガイドさんがいない時があります。

熱海駅からタクシーで行くと、およそ1,000円くらいです。

染殿橋(そめどのばし)で降りる

和田たばこ店_金城館前

染殿橋のバス停周辺

和田たばこ店_遊湯バス

染殿橋のバス停

和田たばこ店_湯〜遊〜バス

湯〜遊〜バス

湯〜遊〜バスは、いろんなデザインがありますので、注意してください。

金城館を右手にみて進む

和田たばこ店_アクセス2

金城館前を通過

金城館を右手にみて、熱海駅方向に進みます。

熱海駅から来た人は、金城館の前まできたら行き過ぎです。

酒屋 おいぬま を右手にみてさらに進む

和田たばこ店_道順1

酒屋 おいぬま

信号を右に

和田たばこ店_道順2

信号を右に

金城館から熱海駅方向に歩いて、最初の信号を右に曲がってください。

※熱海駅から来た方(逆方向の方)は、金城館の手前の信号を左に曲がってください。

岩崎青果店を通過

和田たばこ店_道順3

岩崎青果店を通過

和田たばこ店_道順4

まもなくです

到着

和田たばこ店_店外観2

和田たばこ店の外観

金城館前のバス停「染殿橋(そめどのばし)」から、およそ2分で到着します。

和田たばこ店_撮影禁止

撮影禁止

ちなみに、店内での飲食と撮影はできません。ご注意ください。

まとめ

今回は、バス停「染殿橋」からのアクセスを書きました。近くの人気スポット「起雲閣(きうんかく)」からの行き方も、おって追記したいと思います。

和田たばこ店のレトロゲームには、任天堂のゲームもあります。そう、この時代の任天堂のゲームを作っていたのは、日本のゲーム機の父 横井軍平氏です。

横井さんの有名な言葉です「枯れた技術の水平思考」

関連記事

【熱海】達人発見!起雲閣の周辺街歩き
熱海で、年間10万人を越える来場者がある場所をご存知でしょうか?熱海市昭和町にある起雲閣(きうんかく)です。 熱海三大別荘 起雲閣(きうん...
スポンサーリンク
レクタングル(大)