【熱海】東京・新宿〜熱海の鉄道アクセス

熱海の魅力、東京からのアクセスの良さ!

東京からの東海道線は熱海行きが多く、熱海からも始発の上り列車があります。現在の職場の渋谷までの始発と終電をみると、熱海始発の列車にのると6時半には、渋谷に着いているではありませんか。さすが東海道、朝が早い!列車は熱海からの始発なので、ゆっくり座って行けるもありがたいです。寝て行くもよし、ブログを書くもよしです。7時集合のロケにも対応可能です。

さすがに6時30分集合には対応できませんが。。。

熱海→渋谷 乗車券1,940円
始発 4:34発〜6:33着 JR在来線 1時間59分
始発 6:35発〜7:36着 新幹線 59分

渋谷→熱海
終電 22:48発〜0:42着 JR在来線 1時間54分
終電 22:02発〜23:31着 新幹線 1時間29分

参考:えきから時刻表 熱海駅 平日

atami_station_01

熱海駅の朝

スポンサーリンク
レクタングル(大)

新幹線で40分

そして何と言っても、新幹線の停車駅でもあるのは素晴らしいことです。東京、新横浜、小田原、そして熱海へ「こだま」で50分。本数が少ないですが「ひかり」で40分で東京から到着します。熱海観光関連のページの見出しには「新幹線で40分」とかありますが、40分で着く新幹線は少ないので50分と言ったほうがいいような気がしますが。どういうもんでしょうかね?

熱海駅発 ひかり号【上り 平日/土曜・休日】
11:02、13:02、19:02

東京駅 ひかり号【下り 平日/土曜・休日】
10:03、16:03、18:03

新幹線:東京〜熱海 50分
新幹線 3,990円(乗車券1,940円/指定席2,050円)
普通自由席回数券 1枚あたり3,300円(6枚綴り19,980円)

みどりの窓口で普通に回数券を購入すると6枚綴りですが、金券ショップで購入すると1枚から購入できます。ちなみに熱海駅前にも金券ショップがあるので、帰りに新幹線の方はぜひ利用してみては。24時間利用可能な自動販売機もあります。

ABCチケット 熱海店
熱海市田原本町8-10 TEL0557-81-1800
営業時間 9:30〜18:00(定休日:水曜)

チケット・金券の買取「ABCチケット」。新幹線、在来線など格安チケットの自動販売機。三島駅前、沼津駅、熱海駅。

ロマンスカーでゆったりと

新宿・渋谷方面なら、小田急線を使う手もあります。熱海から小田原まで東海道線でおよそ20分、そこから小田急線に乗り換えて新宿まで1時間40分。小田急ロマンスカーなら1時間20〜30分で、ゆっくり座って行けます。職場が渋谷ということと、新宿もよく使う駅なのでロマンスカーを利用するほうが自分は好みです。運賃も新幹線を使う場合よりも1000円くらい安いので、コストパフォーマンスも考えるといいかもです。小田原駅が始発になるので、ロマンスカー、急行とも必ず座って行けるのが素敵。しいて言うなら、小田原駅で崎陽軒のシュウマイ弁当が売ってないのが残念です。小田原駅JR改札前のNewDaysにシュウマイ弁当ありました。8:00〜9:00の間に入荷するそうです。新宿駅にはもちろん売っています!

JR小田原駅改札前のNewDays

シュウマイ弁当は8:00〜9:00に入荷予定

熱海〜新宿
始発 4:34発〜6:39着 東海道線→小田急線 2時間05分
始発 5:39発〜7:33着 東海道線→小田急線ロマンスカー 1時間54分
終電 22:31発〜0:42着 小田急線→東海道線 2時間11分(1,290円)
終電 22:00発〜23:52着 小田急線ロマンスカー→東海道線 1時間52分(2,180円)

熱海〜小田原 乗車券 410円
小田原〜新宿 乗車券 880円
特急料金(ロマンスカー) 890円

小田急電鉄小田原駅時刻表

ロマンスカーを使って新宿〜熱海 2,180円

新幹線の回数券が金券ショップで買えるように、小田急線のお得な乗車券も売ってます。株主の配当として出される「株主優待乗車証」というのがあり、1枚で小田急線内どこまでも乗れる乗車券です。新宿〜小田原間は小田急線の両端になるので、乗車証を最大限活用できる切符です。時期によっては売価が変動するようで、自分は9月に渋谷で1枚550円で購入できました。通常料金を払うと880円のところ550円になるわけ、330円もお得です。また株主優待乗車証には有効期限があるようなので、注意してください。まぁ、買ってすぐに使えば何も問題ないわけですが。といいつつ使ってない乗車券が1枚、自分の財布の中に入っているので、早めに使いたいと思います。

odakyu_odawrast

小田急線小田原駅改札口

※先日、久々に小田原駅を利用しましたが、とっても綺麗になっていて驚きました!

新幹線で東京駅まで50分、在来線でおよそ2時間。毎日の通勤とした場合、かなりの遠距離通勤とみるのか、案外近いと感じるのか、判断が別れるところです。列車の本数の多さや乗り継ぎやすさなど考えると、同じ2時間の通勤の場所とくらべるとかなりメリットがあるのではと思います。

新宿〜熱海の区間で、スーパービュー踊り子号という選択肢もありました。一日に1本、繁忙期に臨時便がでることもあります。

スーパービュー踊り子号 下り
臨時1号 新宿 8:30 → 熱海 9:56(1時間26分)
3号 新宿 9:25 → 熱海 10:56(1時間31分)

スーパービュー踊り子号 上り
10号 熱海 17:26 → 新宿 18:59(1時間26分)

運賃 4180円(乗車料金+指定席料金)

以上、鉄道を使ってのアクセスについて調べてみました。新しい情報が入ったり、実際に自分が使ってみて感じたことは更新していきます。


(平成29年1月2日追記)

熱海駅前の割引チケット自動販売機の写真を載せます。

熱海駅前のチケット自動販売機

熱海駅前のチケット自動販売機

自動販売機の販売品

自動販売機の販売品

新幹線、東海道線のチケット、マクドナルド株主優待券、切手が売っています。熱海〜小田原だと20円お得になります。


関連記事

【熱海】新幹線通勤について
移住した際の通勤についてのメモです。 熱海は、新幹線の駅があり首都圏への移動時間の短さが大きなメリットです。ゆえに熱海からも多くの人が...


スポンサーリンク
レクタングル(大)