【映像制作】Premiere CCで困ったことまとめ

Adobe Premiere CCで困った状況を随時更新していきます。

使用環境

macOS High Sierra
バージョン10.13.4
MacBook Pro(13-inch,2016,FourThunderbolt 3Ports)
3.3GHz intel Core i7
メモリ16GB グラフィック IrisGraphics550
MacBook Pro_2016

MacBook Pro_2016

PNGでレンダリングエラー

透過ファイルをPNGにすると、レンダリングエラーが出る。Premiereのバージョンアップによって、状況は改善されたとの報告があがっていますが、未だに自分のMacBook Proではエラーが発生しています。PNGではなく、PSDファイルの透過画像ファイルを使用しています。

詳しくは、こちらのブログ記事に書きました。

【映像】Adobe Premiere CCで謎のレンダリングエラーに遭遇
困った!Adobe Premiereで出力エラー発生 使用環境 マシン:MacBookPro2016Touchbar OS:ver.1...

レンダリングが異常に遅い

レンダリングが急に遅く感じるようになってので、なんだろう〜と思っていたら、プロジェクトの設定を変えてしまっていたのが、原因でした。

プロジェクト設定 > 一般 >ビデオレンダリングおよび再生>

ソフトウェア処理に変更したために遅くなりました。

MacBook Proの性能を最大限に活かすにはGPUアクセラレーション(OpenCL)にする必要があります。4K素材をHDサイズに変更しつつ、カラー調整をするレンダリングでしたら、およそ4倍のスピードでレンダリング処理が行われました。

Premiere_ビデオレンダラー

Premiere ビデオレンダラーの設定

プレビューがカクカクして、動きが重い

今まで、FinalCutPro7を使用して編集をしていたんですが、プレビュー再生がスムーズにいっていました。Premiereに編集環境を移行して、まず苦になったのがプレビューが実に重いのです。これでは、まったく編集作業になりません。こんなんで、みんな作業しているのか??と疑念をもってしまいました。

ふと思ったのは「そうか、プロキシを使っているのか

プロキシを簡単に言うと、編集用に仮で小さいサイズ・軽いサイズの動画を作ります。その仮動画で編集作業を行い、出力・書き出し時には元の動画ファイルからレンダリング作業をして高品質な映像をだします。

プロジェクト設定>インジェスト設定>

・インジェストにチェックマーク

・プロシキを作成

・プリセット 一番小さそうな 1024×540 GoProfomを選ぶ

Premiere_インジェスト設定

Premiere インジェスト設定

プロシキProxyの保存先のフォルダー設定を忘れないようにしてください。

プロジェクトの設定をこれに変更してから素材(動画)を読み込むと、EncoderCCが立ち上がりプロキシファイルを作ってくれます。

軽量デバイスでの作業用にプロキシを生成する方法や、高解像度のオリジナルファイルと低解像度のプロキシファイルを簡単に切り替える方法について説明します。

すばり参考になるのは、この2冊ですね。初心者〜中級者は手元においておきたい本です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)