【アクションカム】DBPOWER EX5000 Wi-Fi&タイムラプス設定

先日、Amazonでお買い得なアクションカム「DBPOWER」を購入しました。

関連記事

【アクションカム】Amazonで激安DBPOWERを買ってみた
GoPro HERO5 アクションカムの勇と言えば、元祖の「GoPro」現在、最新機種のHERO5では、音声認識で撮影開始、2インチの美し...

DBPOWER → 使ってみた感想、案外綺麗にとれてコスパが高い

アクションカムが最終的には4つぐらい欲しいと思っており、試しで一つ購入。付属品は19点、バッテリーが2点、画質も屋外・屋内に関してもそこそこ画質のクオリティーが高く撮れている。合格点が出ましたので、このカメラの上位版を購入することにしました。

※この後、Wifiとタイムラプスの設定について書いています。

※追記で、夜間の花火大会の様子を試し撮りもしました。

DBPOWER EX5000

両機種の違いは・・・
値段 約5,700円 → 約7,000円
液晶 1.5インチ → 2インチ ※液晶画質がアップ
Wifi接続 不可 → 可

さっそく見てみよう

DBPOWEREX5000-01

DBPOWER EX5000

前回、ボディーカラーを黒にしたのでひと目で機種が識別できるように白にしました。しかし、撮影のことを考えると黒の方がよかったかと後悔。このようなアクションカムは定点カメラとして使い、他の手持ちカメラと同時に機会が多い。そのときは、手持ちカメラがメインだったりするので、そのカメラに小さいアクションカムが映り込む事もでてくる。その時、機体のカラーは「目立つ白」よりも「目立たなくなる黒」が良い。

外観

DBPOWEREX5000-02

正面 カラー:ホワイト

正面はマットな白、Wifiの文字。

DBPOWEREX5000-03

背面

2インチモニター

ほかには、ブラックとシルバーのカラーもある。若干、黒の値段が高い。

下位版DBPOWERと比べてみた

DBPOWEREX5000-04

下位版 Wifiなし1.5インチとくらべて

大きさ同じです。

DBPOWEREX5000-05

背面 液晶画面の大きさ

液晶の大きさが、0.5インチしか変わらないのですがふた回りぐらい大きい印象を受けます。

DBPOWEREX5000-06

入力端子は同じ

正面から見て、右手にはminiUSBとminiHDMI、miniSDの接続口がある。

DBPOWEREX5000-06

サイドのボタンも同じ

サイドボタン▲▼も同じ・・・なんですが、DBPOWER EX5000の方にだけ

▲の下に[Wifi]ボタンが付いている

これ見落としがちなので、後ほどアップの画面を紹介します。

DBPOWEREX5000-07

バッテリーを入れる下部も同じ

バッテリーも共通なので、2台でバッテリーが4つ使い回しできます。

それでは、Wifiの設定方法について見てみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Wi-Fiの設定方法

Wifiのボタンの位置を確認。カメラに向かって左側にある▲▼ボタン。その▲ボタンの下にWifiボタンがあります。電源を入れて、このWifiボタンを押しましょう。しっかりと一回ポチっと押す。特に長押しは必要ありません。

1.本体の設定

DBPOWEREX5000-01

Wifiボタンの位置

見落としがちなところに、配置しましたね〜(このボタン見落としていて、しばらく探し回りました)

DBPOWEREX5000-02

wifiのマークが付く

すると、液晶画面右下にWifiのマークが付いてWifi接続が可能になったことを知られてくれます。続いて

2.スマホの設定

DBPOWEREX5000-03

スマホのwifiの接続

画面は、iPhoneの設定画面になります。Androidでも同じですが、Wifiの接続するものを選ぶ画面で[EX5000〜]を選択。

iPhoneですと 設定 > Wi-Fi

パスワードは、デフォルトは[12345678]になっていると思います。

これで、本体とスマホがWifiで接続されたことになります。

続いてアプリを入れましょう!

3.アプリを入れる

アプリストアで、[ FinalCam ]を検索。無料のこちらのアプリを入れましょう。

Android用 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cam.dod&hl=ja

iOS用 https://itunes.apple.com/us/app/finalcam/id930036477?mt=8

DBPOWEREX5000-04

アプリ「fainlcam」を入れる

アプリを起動させたら、右上の[+]ボタンを押してカメラと接続。

DBPOWEREX5000-05

右上のボタンを押して、カメラと接続

さっそく、アプリで操作・・・

4.アプリの操作画面

アプリの操作画面の中央部下位置には、録画開始ボタン、写真シャッターボタン、明るさ調整、マイクのオン・オフボタン、スピーカーの音量調節ボタン

DBPOWEREX5000-08

操作画面

左側には、手ブレ補正オン・オフボタン、日付挿入ボタン、HDRボタン(なぜかWDRという表記)、写真撮影サイズ変更ボタン、動画サイズ変更ボタン

右側には、スマホアプリ内のアルバム、本体のデータをスマホに保存するボタン、設定ボタン

が配置してある。

DBPOWEREX5000-09

操作画面

本体の小さい画面で、設定するよりははるかにやりやすい。特に明るさの調整や、写真を撮ってすぐにスマホのアプリ内に転送されるのは勝手がよいです。

動画のサイズ変更は5タイプ、1080P、720P、640×480、640×360、QVGA(320×240)から選ぶことが可能。ファインorノーマルorエコノミーの画質は、アプリから選べない。

DBPOWEREX5000-06

左下のボタンで映像のサイズを変更可能

写真サイズは、12M、10M、8M、6M、5M、3M、2Mから。

DBPOWEREX5000-07

左、下から二番目のボタンが静止画のサイズ

だいぶ細かく区切ってきましたね。

日付挿入モードで撮影した場合は、右下に日時が挿入される。

DBPOWEREX5000-09

日付挿入モード 右下に日付が入る

ドライブレコーダーや防犯カメラ用として、日付挿入モードがある。

新規で、上位機種を購入してやりたかったのが・・・

タイムラプス

下位機種DBPOWER(Wifiなしバージョン)で、タイムラプス撮影を使用と思ったら、機能が付いていませんでした。しっかりと商品説明を読んだと思っていたのですが、見落としてしまいました。タイムラプスができずにがっくりして、EX5000の商品説明を読むと「タイムラプス」の文字が。さっそく風の強い冬空をタイムラプスで撮影してみました。

設定:インターバル撮影1秒

タイムラプスの設定は本体側で
[メニューモード] > [インターバル録画] > [オフ] [1秒] [2秒] [5秒][10秒][30秒][1分]
から選べる。
※アプリでは設定不可
DBPOWEREX5000-11

インターバル録画メニュー

メニューで設定した動画撮影を開始すると、指定の時間間隔でインターバル録画が開始される。終了時に録画停止をすると、タイムラプス映像が自動でできあがる。簡単。

※下位機種では、タイムラプス撮影モードが付いていない。

追記:熱海の花火大会の様子を撮影してみた

夜間での撮影はどんな感じか試すために撮ってみました。170度のワイドな画角が花火大会のダイナミックさをうまうこと出しています。YouTubeで見る分には、充分ではないでしょうか。

まとめ

Wifiが付いていない下位機種とEX5000との価格差は1500円。液晶の大きさやWifiとアプリを活用しての設定のやりやすさ、タイムラプスが使えることを考えたら、こちらのEX5000の方がコストパフォーマンスが高い。しかし、お試しでアクションカムを使いたいと考える方は下位機種でもなんら問題ないと思う。

Ankerアンカーのライトニングケーブルが3本セット(0.9m×3)で、2000円ちょっとで売っていたので買いました。EX5000にも使えるmicroUSBの3本セットは1200円ぐらいです。(※2017年5月9日現在)安いケーブルはすぐに断線してしまいますので、安定の品質でデザインもよいAnker製はオススメです。

関連記事

【アクションカム】DBPOWER 4K 設定画面解説
過去の記事でも紹介した【コスパ最強のアクションカムDBPOWER】の4Kバージョンが発売され、購入しましたので詳細なメニュー画面を紹介してい...
【アクションカム】Amazonで激安DBPOWERを買ってみた
GoPro HERO5 アクションカムの勇と言えば、元祖の「GoPro」現在、最新機種のHERO5では、音声認識で撮影開始、2インチの美し...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. あずみ より:

    60歳のジィさんが、これをアマゾンで買いました。
    説明書では理解できないことが多くて、検索してこのページに飛んできました。

    画像付きでとても丁寧な説明に感服。

    一つだけ残念なこと。
    最後まで悩んだのが、マイクロSDカードの挿入方向。
    画像付きで「この方向で挿入」って説明があれば、このページ完璧だと思うので、今後の方々のためにも追記をお願いしたいです。

    マイクロSDカードに関しては、カチッとしたところで挿入は完了なんですが、何かの振動で落ちそうな不安があるのは私だけでしょうか?

    でも素敵なページが検索で出てきて、とても参考になったこと、ありがとうございます。

  2. NagataMasayuki より:

    こんにちは、コメントありがとうございます。
    ご意見参考にしまして、のちほど追記しておきます!!
    microSDは、案外しっかり入っているので落ちることはありませんよ
    安心してよいと思います。
    もしよろしければ、他のページも色々参考にしてもらえればと思います。

  3. あずみ より:

    早速の返信と対応措置予定、ありがとうございます。

    もう一つ書き忘れました。
    このページをパソコン(グーグルクローム)で閲覧していますが、ページを開いた瞬間に参考添付されているYouTubeの動画2つが同時に再生されます。
    しかも大音量で。
    私のパソコンだけなのかもしれないですが、開いた瞬間に自動再生+大音量にビックリ。

    自動再生にならない設定はないでしょうかね。(^^ゞ

  4. NagataMasayuki より:

    すみません、びっくりさせまして
    取り急ぎ、自動再生はOFFにいたしました。
    よろしくお願いします。